りるとについて

ひとりひとりが持っている強みを見つけ、
それを伸ばしていく。
「リると」の土台となっている考えの一つが【ストレングス視点】です。
苦手なこと、できないことばかりを指摘し、
改善しようとするのではなく、
元々もっているストレングス(強み)を
見つけ、支え、伸ばしていく。
そして、たくさんのできるを、褒めて、認めて、
共に分かち合うのが
「リると」の目指す姿です。
「リると」では過剰なお手伝いはせず、
自分でできる喜びを尊重します。

名前の由来

「リると」の名前に込められた想い

毎日をワクワクに変える魔法の言葉“ると”

「やってみ“ると”」「見方を変え“ると”」
日常のあらゆるところに散らばっている“ると”。
誰しもが持っている思い込みを変えてくれる
小さな気づきがたくさん
見つけれらる場所であって欲しい。
小さいという意味の英語“Little(リトル)”の
順番を入れ替えることで、
少しの違いや個性があって良い。
ひとりひとりの強みを見つけていきたい。

そんな私達の想いを込め
「リると」と名づけました。

カリキュラム

 

キミだけの旗を見つける3つの特徴

「できた」を育てる、          作業療法士(OT)

視覚や聴覚、嗅覚、味覚、触覚や前庭感覚(平衡感覚)、固有受容覚といった感覚を脳に伝える前に整理し、まとめることを感覚統合と言います。感覚統合がうまくできないと、感覚に偏りが生じてしまい、本来持っている力を発揮できなくなってしまいます。 リるとではこの感覚統合の偏りをなくすため、作業療法士(OT)によるプログラムを設定し、子どもたち自身が楽しいと思え、「できた」の体験が重ねられる内容で実施しています。


「できる」のきっかけづくり

視覚や聴覚、嗅覚、味覚、触覚や前庭感覚(平衡感覚)、固有受容覚といった感覚を脳に伝える前に整理し、まとめることを感覚統合と言います。感覚統合がうまくできないと、感覚に偏りが生じてしまい、本来持っている力を発揮できなくなってしまいます。 リるとではこの感覚統合の偏りをなくすため、作業療法士(OT)によるプログラムを設定し、子どもたち自身が楽しいと思え、「できた」の体験が重ねられる内容で実施しています。


「できる」を活かす

視覚や聴覚、嗅覚、味覚、触覚や前庭感覚(平衡感覚)、固有受容覚といった感覚を脳に伝える前に整理し、まとめることを感覚統合と言います。感覚統合がうまくできないと、感覚に偏りが生じてしまい、本来持っている力を発揮できなくなってしまいます。 リるとではこの感覚統合の偏りをなくすため、作業療法士(OT)によるプログラムを設定し、子どもたち自身が楽しいと思え、「できた」の体験が重ねられる内容で実施しています。

ご家族のみなさまへ

「リると」ではご家族のご協力を大切にしています。

「リると」ではご家族のご協力を大切にしています。

子どもたちにとって1番のエネルギーになるのは、やはりご家族の皆さんの笑顔です。
子どもたちのことをもっと知り、ご家族のみなさまも変わっていけるよう、お茶会やお父さん会、家族で参加できるヨガといったイベントや、食事・栄養に関する情報提供も積極的に行っていきます。
私たちは皆さんが、自然と笑顔が生まれ続ける家庭いられるよう、サポートし、家族同士のコミュニティを創造していきます。

リるとの情報

対  象 未就学児童から18歳まで
利用料金 受給者証に記載の実費負担額
おやつ代 100円/日
創作材料費実費相当額
サービス提供時間 10時~17時
休  日 土・日・祝日
アクセス JR函館本線「桑園」駅より徒歩10分
送迎範囲 当施設より車で概ね15分程度の範囲
※詳細はお問い合わせ下さい

スタッフ紹介

  • 名前:後藤遼平
  • 名前:遠藤加那子
  • 名前:濱崎 結友
  • 名前:菊地晴菜